TEL:090-3409-3979受付:09:00~24:00 営業:年中無休

突き上げたもの


幸福感で包まれた。

興奮してわれを忘れそうになっってしまった。

マッサージがはじまると「気持ちいいですね」と、すこし恥ずかしがりながら答える。

背中から肩、脚、おしり…。

「ん、んっ、あぁ…」

四つん這いにさせ、太ももの内側をなでたときには、もう濡れていた。

仰向けになると、もう体が「ほしい」と言っている。

ライトダウンした部屋に、電子パネルが変色する明かりが2人の影に濃淡をつけていた。

「久しぶり」。あなたはそういうと、乱れ身体が感じるままに声をだし、身をよじれさせた。

"オンナ"をさらけだし、体を絡め、身を寄せた。

お互いが求め合った。無我夢中でむさぼり合った。

「あぁ、気持ちいい。気持ちいい。気持ちいい」

何度も、そういって声にならない声をあげ続けた。

あっという間に時間が過ぎた。

満たされた気持ちに包まれた2人はまた、会う約束をした。

「記事一覧」へ戻る

↑ PAGE TOP