出張ホストのレポート | ホストになった夜神夏夜編

ホスト

出張ホストをやろうと思ったきっかけ 夜神夏夜編

自分は、17歳の時に出張ホストとホストをどっちをやるか迷っていました。 でも、自分は、ホストという道に選び19歳までホストで働いてました。 自分は、最初、ホストは、簡単にナンバーに入れると思い、 そうゆう思いで入りやってみると全然、自分が、思ってたのと違う事でした。 なにかといいますと、接客の丁寧な対応やシャンパンコール、ドリンクの作りやホール といったいろいろな事をあると知りました。

自分は、こんなに大変な事を初めて知りました。 初めて先輩のお客さんのとこについた時にたくさん、緊張してしまい全然、 お話が、できなくて先輩達は、本当に凄いなと思いました。

俺は、先輩を見て接客の仕方などを真似することにしました。 その1ヵ月後、自分のお客さんが、初めてつきとても嬉しい気持ちでした!

指名が、入るってこんなに嬉しい事なんだと思い、 精一杯、お客さんを楽しめるような会話や相談とかをしながら一日を後悔させないよう精一杯頑張ってました。 その時、突然、神様が、降りたのです!気づけば、ナンバー入りしていたのです。 自分が、気づかないうちにナンバー2になってたのです。自分は、嬉しい所かお客さんに感謝です。

その2年後、家庭の事情でホストを辞めることにしました。 その後は、昼の仕事で携帯会社やカード会社をやってたのですが、 自分は、本当にこれで後悔しないのかとずっとホストを辞めてから考えてました。

もし、出張ホストをやってれば、どこまでいけたのか?どこまで有名になれたのかいろいろと不安でした。 でも、自分は、我慢できず、ネット出張ホストを探してここの出張ホストアポロというサイトを知りました。 すぐ、勇気を出して応募させていただきました。

受かるか自分は、たくさん、不安でしたが、見事合格をしてシステムなどを知りたくさん、 頑張ってホストよりたくさん、お客さんに感謝されるような従業員になりたいと思って今、現在にあたります。

→ ホストレポート一覧へ