女性のための風俗について出張ホストの意見

TEL:090-3409-3979受付:09:00〜24:00 営業:年中無休

2013年1月の記事

セレナーデに登録させて頂いて10日くらい経たある日・・・
出張ホストとして、始めてのご指名を頂きました。

すごく嬉しくて、、、同時にすごく緊張してしまいました。何とかスケジュールを調整して
メールで連絡を取らせて頂き、約束をして、当日、現地に向かいました。

そう・・・本当に高校生の頃に戻ったかのような心境で・・・ドキドキしながら・・・

お会いして、お酒を頂きながら、いろんなお話をして、、、ホテルへ行きました。

本当の恋人のように、いや、それ以上かもしれません・・・
熱く抱き合い愛撫し合い・・・素敵な時間を過ごしました。
まだまだ不慣れな自分でしたが、逆にそれを楽しんで頂き、ドキドキして頂きました。。。

外は冬真っ最中でしたが・・・室内は暑い熱い・・・空間でした。

初体験・・・遠い昔に済ませたつもりでしたが、また新しい初体験でした^^

もっともっと、自分に磨きをかけて、いい男になって、
もっともっと素敵な時間を提供して行きたい・・・過ごしたい・・・

そんな想いがより一層強くなった・・・始めてのお仕事でした^^


by 渡辺 大介

今日は出張ホストの仕事場所についてお話し致します。

出張ホストはお客様に指定された場所に「出張」します。
ですから、
お客様に指定された場所が仕事の場所、
という事になります。

特に制限はありません。
国交のある国でしたら、海外も可能です。

出張ホストの用途は非常に広いです。
感じるマッサージ
デートのお相手
旅行のお供

その用途に伴って、仕事の場所も様々です。

駅の出口
映画館の入口
お客様の御自宅
新幹線の駅
空港

などなど・・

感じるマッサージの場合、
ホテルに行くことが多いです。

まずいわゆるファッションホテル
郊外に多数ございます。
エスコートはご指名のホストにお任せください。

最近増えてきているのが、
シティホテルのデイユースです。

これは昼の時間帯にホテルの個室を利用するものです。
宿泊よりも料金はお得になっております。
大阪では名前の通ったホテルでも、
デイユースのプランがあります。

温泉入浴が付いてるホテルや、
プールの利用ができるホテル
昼食が付いているホテルもありますよ。

いつも関東から新幹線で新大阪まで
いらっしゃるお客様がいます。
その方は新大阪付近のシティホテルの
デイユースを利用されます。

慌ただしいスケジュールなら、
駅の近くのホテルが便利ですね。

文責  南優希

男性の為の風俗が溢れているのにナゼ女性の為の風俗は少ないのでしょう??
それは貴女がまだ「御客様」になっていないからです(笑)

ここを覗きに来られる貴女にもまだまだ敷居が高いのかな?

代表の「藤本純一」はとても優しい人です。
セレナーデを利用するにあたっての心配事や悩み等有りましたら、
気軽にメールや電話連絡してみてください!
(迷惑メールや電話はダメだよ〜!代表もヒマじゃないんでね・笑)

あ!言っておくけど「連絡」したからと言って変な所に登録されたり、
迷惑メールが頻繁に来る・・なんて事は決して有りませんのでご安心ください!

「お客様第一」のサービスを心掛けております。

桐島光司

**************************************

日本の性風俗は細分化され多岐にわたる。
外国ではコールガールとストリッパーぐらいだそうです。
これは風俗文化を研究しておられるお客様より伺いました。
性の先進国日本です(笑)

性風俗の需要があって、それにアイデアをもって応える。

その中で、女性用風俗が生まれるのは、自然な事なのだと思います。

南優希

ホストとしてスキンシップは当たり前と思っているかと思いますがそうなるまでにはやはりかなり気を使うんです、私だけではなくゲストの方も多分そうなのでは?回を重ねればお互いフランクな気持ちでもあるでしょうけど最初にスキンシップを図る時はホストもドキドキしてなるべくそれを悟られないように妙に話してみたりオドオドしたりが分かった時は心の中で微笑んであげて下さい、それだけゲストの方にリラックスして気分良くとと思っている証拠なんですよ。

橘一哉

男女問わず誰かに見られたいという欲求がある。
私自身も筋トレをして体が引き締まった時や新しいファッションに身を包んだ時、誰かに見て欲しいし認めてもらいたいと思う。
皆さんも、そういう時が少なからずあるはずです。
しかし、大人になるにつれて見てもらう機会が減ってしまったような気がする。
自慢したい、褒めてもらいたい、そんな時に出張ホストを使ってみるのもいいのではないでしょうか。

木村達也

ホストとは?おもてなし、接待する側の男性。水商売。コンピュータ。などなど。

外国人に「何のお仕事をしていますか?」と聞かれたら「ホストです。」と答えると。
きっとパーティーばっかりして、常にゲストを招いている人と思われるでしょう。
大金持ち?それか、パーティー会場でのお仕事?

そんな話をして!って感じですが。

つまり、素敵なゲストを招く、接客する男性です。
なので、それなりのおもてなしが出来ないとならないですよね。

髪の毛を茶色に染めて逆立てるのもそれもいいでしょう!
でもそれが日本人的な考えだと思います(笑)。
まあ格好で判断してはいけないですね。

お店があるホストクラブでは、自分のお店でもてなす。
お客様が高いお酒を注文して接待される。
もちろん、それだけだとお客様は来なくなります。
楽しい会話とその雰囲気で、また来てくれるというシステムです。

さて、この業界のホストって、どんな感じですか?
その世界には、どんな男性がいると思いますか?

セレナーデのホストは?

藤本

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

セレナーデの南優希です。

今日は出張ホストの仕事について、
お話したいと思います。

1 癒しを求める

癒しを求めて出張ホストを利用される方は多いと思います。
これは出張ホスト、
ハコホスト(店舗型)のいずれにも言えることです。

「癒し」

これは現実逃避を内包するものです。

つまり、
現実を忘れる事ができる
辛いこと、煩わしいことから離れることができる、
ということです。

この現実逃避のお手伝いを、
ご用命を受けたホストがお手伝いするわけです。

例を挙げます。

まず感じるマッサージ
オイル等を用いたマッサージです。
異性との触れ合い、官能的な時間
非日常的な時間は現実を忘れる癒しの時間です。

次にデート
食事や映画観賞、美術館めぐりなどです。
好きな事をする時間、
心がときめく時間、

同じものに触れ、
同じ気持ちを共有する。

これも素敵な現実逃避、です。

さらに、一緒にいて話をする。
一人で悩んだり抱え込んだりするより、
人と会って話す。
これも現実を忘れる手段となります。

このように、
癒しの手段としての現実逃避というものがあります。
そのお手伝いをする事が多いように思います。

2 今日の仕事

今日の仕事を紹介します。
記事にすることについて快諾を下さったお客様に感謝いたします。

今日は常連のお客様と3時間のコースで、
予約を受けました。
感じるマッサージのコースです。

3時間だと比較的ゆっくりできます。

お菓子やら飲み物を買ってホテルに・・
本日はシティホテルデイユースを利用しました。

ファッションホテルに抵抗がある方にはオススメです。
休日でも料金は平日と同じなので、
お得です。

待ち合わせ場所でお会いした時から、
癒しの時間は始まっています。

普段の生活で普通は接点を持たないホスト
そのホストと話すだけで現実を忘れられるのでしょう。
当店には様々なバックグランドを持ったスタッフがおりますので。

ホテルにチェックインして
非日常の時間のスタートです。

先日の「性感マッサージのススメ」にもありました。
性感マッサージは身体の感覚全てで
楽しんでいただくものです。
そのためには、ムード作りや気持ちのケアは欠かせません。

女性の場合は気持ちと性感が、
密接に絡み合っているものですから。

私の場合は、
まずはお話をしっかりと聞くことから始めます。

ご要望
興味のあること
愚痴・・

タブーはありません。
何でもお気軽におっしゃってください。

次にムード作りです。
私は感覚の中でもとりわけ嗅覚を大事にしています。

香りです。

これについては拙ブログでも
度々紹介しています。

アロマキャンドル
入浴時に使うバスソルト
マッサージオイル
ボディミルク

本日はサンタマリアノヴェッラの物を使いました。
熟成された歴史のある香りです。

高貴な香りの中でのマッサージ
バラとクチナシの甘い香りのオイルです。
たっぷりと使いマッサージをいたします。

目を閉じるだけで現実を忘れて、
癒されますよ。

スタッフの中にはアロマ系の資格を持っている者も多数おります。
それぞれに個性があって、
楽しいですよ。

今日の癒しが、
お客様の明日に生きてくれば望外の喜びです。

文責 南優希 男性にとって、沢山ある風俗のお店。
そして、そのようなお店は繁華街には沢山あります。
もちろん当然のように、風俗で働く女性もその分大勢いる訳です。
その状態なので、男性はどこでも行けちゃうんです。

では、女性が行けるお店は?と考えてしまいますよね?
多くの女性はそのようなお店はないと考えていると思います。
知名度的には低いかもしれませんが、最近多くなってきました。

ではどんなネーミングなのか?
この業界で、長い間いる私が言いますと・・・(笑)。

女性用の風俗店としての言い方ですが、
「出張ホスト」、「女性用のマッサージ」の二つの言い方が根本だと思います。
今では多くのお店(サイト)が増えたので、差をつけようと思うのでしょう。
「デリホス」「彼氏代行」などのような言い方も多くなってきました。

そして、そのほとんどは派遣型なんです。無店舗型といいます。
当サイトもそうですが。ご自宅、ホテルどこでも出張。という感じです。

でも、まだ敷居が高いですよね?
多くの皆様に、安心してご利用頂ければ嬉しいと思っています。

藤本純一
| ブログ TOPへ | 2013年2月 »

↑ PAGE TOP